Top > ヴォル・ドラゴン

ヴォル・ドラゴン
HTML ConvertTime 0.125 sec.
レア種名バーン・ドラール
二つ名磁炎龍ヴォル・ドラゴン

データ Edit

ヴォルドラゴン.png弱点属性ヴォル:氷力.png闇力.png闇(角、背角)
バーン:氷力.png
有効状態異常氷効果.pngフリーズ(特殊演出で長時間停止、イグニッション・チェイス不可)
弱点部位角、背角、尻尾、頭部
部位破壊角、背角、尻尾

※注意:バーン・ドラールの角・背角は、闇属性が弱点では無くなっている

概要 Edit

惑星アムドゥスキア、火山洞窟探索のボス。龍族
動きはさほど早くはないものの、威圧的な外見や物騒な台詞どおりの強烈な攻撃力を誇っており一撃の重さは全エネミーの中でも屈指。
頭部の角、背中の角、尻尾が破壊可能で、それぞれが弱点。足は特殊能力フリーズにより凍結可能で動きを封じることができる。
フリーズ中も部位破壊が進行し、破壊すると足のフリーズが解除される。

破壊部位には弱点属性があり、顔と頭部と背中の角、尻尾のクリスタルは氷力.png 氷属性が弱点。加えて頭部と背中の角には闇力.png 闇属性も有効。


地面に潜航後に、全身に溶岩でできた鎧のようなものを纏った強化状態で姿を現す。
最大で2段階の強化があり、1段階は行動に変わりはないが、2段階目では攻撃手段も増え尻尾のクリスタル以外の弱点が消滅する。
尻尾を壊してダウンさせるか、空中ブレス発射後の着地時に鎧は消滅し、登場時の姿に戻る。
※鎧状態に於いて、ヴォル・ドラゴンの体は1段階目で赤色に、2段階目で黄金色になる。


ちなみに言葉を話す事ができ、戦闘中も「殺す!」「これで終わりだぁ!!」「おのれぇ……!」などの言葉を発している。
正確には人語を喋っているのではなく、他の龍族と同じ様にテレパシーの様な能力を持っているらしい。
ディーニアン等の龍族は知能が高く、アークスとも交流があった=言語翻訳済なのだ。
ストーリークエストでその詳細を知ることができる。
ちなみにレアエネミーであるバーン・ドラールはさらに感情的になっており非常に威圧的。


ゴロンゾランに召喚されて登場することもあるが、このヴォル・ドラゴンは無敵で倒すことができない。

レアドロップ Edit

レア7以上ドロップ。ドロップ法則はドロップ条件まとめ参照。
ヒ・ロガ共通

Lv.武器防具その他
1-10特殊能力.png ヴォル・ソール
11-20ソード.png [7]ザックス
21-25
26-30ソード.png [7]ザックス
ソード.png [8]ヴォルスケイル
ツインダガー.png [8]フィンヴォルグ
31-35ソード.png [8]ヴォルスケイル
ツインダガー.png [8]フィンヴォルグ
タリス.png [9]ヴィスバーン
リア.png [8]ヴォルウィング
アーム.png [8]ヴォルハンズ
レッグ.png [8]ヴォルテール
36-40ソード.png [8]ヴォルスケイル
ツインダガー.png [8]フィンヴォルグ
タリス.png [9]ヴィスバーン
リア.png [8]ヴォルウィング
アーム.png [8]ヴォルハンズ
レッグ.png [8]ヴォルテール
41-45ソード.png [7]ブリザックス
ソード.png [8]ヴォルスケイル
ツインダガー.png [8]フィンヴォルグ
タリス.png [9]ヴィスバーン
リア.png [8]ヴォルウィング
アーム.png [8]ヴォルハンズ
レッグ.png [8]ヴォルテール
46-50ソード.png [7]ブリザックス
ソード.png [8]ヴォルスケイル
ツインダガー.png [8]フィンヴォルグ
ツインマシンガン.png [9]ラムダラディエグル
タリス.png [9]ヴィスバーン
リア.png [8]ヴォルウィング
アーム.png [8]ヴォルハンズ
レッグ.png [8]ヴォルテール
51-55ソード.png [7]ブリザックス
ソード.png [8]ヴォルスケイル
ツインマシンガン.png [9]ラムダラディエグル
タリス.png [9]ヴィスバーン
タリス.png [10]グリンデュエルゲイズ
リア.png [8]ヴォルウィング
アーム.png [8]ヴォルハンズ
レッグ.png [8]ヴォルテール
56-60ソード.png [7]ブリザックス
ソード.png [8]ヴォルスケイル
ツインマシンガン.png [9]ラムダラディエグル
タリス.png [9]ヴィスバーン
タリス.png [10]グリンデュエルゲイズ
リア.png [8]ヴォルウィング
アーム.png [8]ヴォルハンズ
レッグ.png [8]ヴォルテール
61-65ソード.png [7]ブリザックス
ツインダガー.png [9]ディオアステラ
ツインマシンガン.png [9]ラムダラディエグル
タリス.png [9]ヴィスバーン
タリス.png [10]グリンデュエルゲイズ
リア.png [8]ヴォルウィング
アーム.png [8]ヴォルハンズ
レッグ.png [8]ヴォルテール
66-70タリス.png [10]グリンデュエルゲイズ
ナックル.png [11]ベルトシュバンカー

  • バーン・ドラール(レアエネミー)
    通常種ドロップのほか、以下のアイテムが追加される

出現クエスト Edit

場所クエスト種類クエスト名エネミーレベル帯
NHVHSH
火山洞窟アークスクエストキャタドラン討伐11-1526-3041-4561-65
フリーフィールド火山洞窟探索 【BOSS】16-2031-35
緊急クエスト火山洞窟遊撃戦36-4046-50
アドバンスクエスト特務先遣調査:火山洞窟--56-6066-70
パラレルエリア----元クエスト依存

※パラレルエリアはバーン・ドラールのみ

場所クエスト種類クエスト名エネミーレベル帯
NHVHSH
浮遊大陸/火山洞窟タイムアタッククエスト走破演習:アムドゥスキア16-2036-4046-5061-65
龍祭壇突破演習:龍祭壇16-2036-4051-5561-65
場所クエスト種類クエスト名エネミーレベル帯
---
仮想空間エクストリームクエスト極限訓練:森林と龍
ステージ63 バーン・ドラール
--56-
場所クエスト種類クエスト名エネミーレベル
火山洞窟ストーリークエスト4章 龍の病 【ヒ・ロガ】【BOSS】28-33

レベル帯はクエスト毎 エネミー出現Lv参照

攻略 Edit

  • 先述の通り攻撃力の高さは、初期3フィールドのエネミーにおいてトップクラス。即死クラスの威力があり頻度も高いマグマやブレスへの対策として火耐性・法撃防御、ついで打撃防御と打撃耐性を優先してユニットを選択するとよい。
    • 打撃に関しては動きが遅く被弾し辛い(見てから回避可能)ので、プレイングによってはエルダー防具でも可能だったり。
      他エネミーにも言えるが上記を踏まえて自分にあったユニットをチョイスしよう。
  • 侵食ヴォル・ドラゴンの一番の弱点は侵食核。ロックしてグランツ、ワンポイントなどで、無侵食より早く倒せる。HuFiは先に尻尾を壊し動きを止めると、侵食核が狙いたい放題になる。
  • フリーズを付与すると足が凍り付いて一定時間身動きが取れなくなる。
    通常のフリーズと違い、状態異常の判定がされないため被ダメージ解除されないかわりにフリーズイグニッションやチェイスアドバンスが効かない。
  • 頭部(角ではない部分)に一定以上のダメージが累積すると怯む。
    挙動は部位破壊に似ており、怯んだ時点で頭部へのロックオンやWBが解除される
  • 頭部のすぐ奥(首?)をロックしておくと↑の現象が起こってもロック解除されずそのまま頭を攻撃可能。射撃職で特に有効。
  • 強化中に尻尾を壊すと一定時間ダウンし、弱点の角や背中を狙い放題になる。(初期状態では怯むのみ)
    ヴォル「ぐぁぁぁぁぁぁ!!」
    バーン「ぬぅぅおおおお!!」
    • ダウン中から復帰までの間は翼や背中に乗れる
    • ダウン中もなにやら台詞を言っている。「おのれぇぇ!!」
    • 尻尾は壊してもダウン復帰後に再生されるので、破壊を躊躇う必要はない
    • 尻尾破壊のダウン時間は強化段階が上がるほど長くなり、
      尻尾破壊そのものが強化の解除手段でもある。強化段階が進むまで攻撃はほどほどにするのも。
    • ダウン中にフリーズで足を凍らせるとその時点でダウンが中断され、尻尾の再生に移る。
    • 尻尾は再生する度に耐久度が上がっていく(破壊に必要なダメージ量が増える)
    • 一度でも破壊するとレアドロップの抽選対象になる。
  • 頭角と背中の角は一度壊すと消滅する。両方折れた頃には相当弱っているはずなので、後は頭部や尻尾に攻撃を当てていけばすぐに倒せるはず。
  • 行動中に「部位が破壊される」「頭部に一定ダメージが累積して怯む」「フリーズで足が凍る」のいずれかが発生するとその行動が強制中断される。
    • これは尻尾再生にも有効。再生中に上記条件を満たせば再生をやり直しにできる。
  • 潜った時にマグマが流れている場所潜り込んだ場合、強化なし状態からいきなり金色強化になる。

攻撃パターン Edit

噛みつき
旋回しながらの噛み付き。腹下まで潜り込めば当たらない。
突き上げ
ターゲットが顔の前にいると使用してくる。近距離にいると厄介な攻撃。
回避アクションで回避可能だが、ある程度慣れが必要。
SHではジャストリバーサルに失敗すると追加のマグマ噴出がヒットして即死しかねない危険な攻撃になっている。
飛び出し
地面に潜った後、飛び出してくる際に攻撃判定あり。
潜るのを確認したら出てくるまでは一箇所に留まらないようにしていれば、まず当たる事はない。
突進
少し後退してから、ターゲットに突進してくる。追尾はしないので横に避ければいい。
尻尾による薙ぎ払い
尻尾を2回振り回す。ターゲットされたPCが後方にいると良く使ってくる。
攻撃範囲は広いが、ある程度距離を取るか、足元に潜り込めばあたらない。
攻撃時には唸るのでそれを合図にするといい。
ボディプレス
一度空中に飛んでから、プレイヤーを追尾し落下してくる。
見た目よりもかなり広範囲(特に前方)であり、ダメージも高く危険な攻撃。
ただし前方にターゲットがいる場合しか追尾してこないため、接近して斜めに逃げるとよけやすい。
後方にいた場合はその場に落下する。
なお、攻撃判定は地表にのみあり、ヴォル・ドラゴンの体にはない。そのため、着地の瞬間に空中にいれば食らうことはない。
マグマ噴出
両手を交互に地面に叩きつけるモーションと共に、PCの真下からマグマを噴出させる。炎属性。
発動まで時間があるが、威力はフィールド上にあるギミックのものとは比較にならないほど高い。
足元から炎のエフェクトが見えたらすぐその場を離れ、しっかり回避しよう。
ヴォル「殺す!」
バーン「燃えろ!」
炎ブレス
その場から動かずに、一人のターゲットに向けて、前方180°まで追尾しながら放射する。炎属性。
広範囲に見えるが実際の射程はかなり短く、見た目では明らかに当たっている距離でも当たらない。
放射の届かない距離まで離れるか、横にまわりこむようにすれば回避できる。ダメージはそれなりにあるのでしっかり回避すること。
突進炎ブレス
炎ブレスを放射しながら突進する。大きく蛇行するので一見追尾してくるようにも見えるが、
左右どちらかへ無作為に曲がって進んでいるだけなので、どちらに曲がるかを確認して反対側に避ければよい。
火球発射(前方)
顔を下に向けて大きく溜める動作のあと、ターゲットめがけて一直線に火球を発射する。
溜めが分かりやすく、攻撃自体も一直線にしか飛ばないので余裕をもって回避できる。
後方に飛び退く動作をした時は、着地後にほぼ確実に使用してくる。飛び退きを目印に回避の準備をしよう。
ターゲットが離れているときはその場で発射する。この場合は発射前に「グワァ」と叫ぶので、それを目印に回避行動をとると良い。
近距離にいる時に突き上げから続けて発射してくることもある。攻撃を欲張って被弾しないように注意。
火球発射後は隙だらけなので、角を攻撃する絶好のチャンスでもある。
口周辺に噴出した炎にも攻撃判定があり、2ヒットすると大ダメージ。近接職の事故死の原因になりやすい。
SHではほかの攻撃手段を使用した直後に使用してくることが多く、2連射する。
ディッグ召喚
体力が減ってくると、時折、数体のディッグを呼び出す。
火球などを回避する際に絡まれると面倒なので、できれば早めに倒しておきたい。
突破演習:竜祭壇では叫び声をあげてもディッグが出てこない。
ヴォル「うおぉぉぉぉぉぉ!」
撃破時の倒れこみ
撃破時、ヴォル・ドラゴンが倒れこむ際にも攻撃判定がある。
押しつぶされて相討ちに持ち込まれボス箱没収、なんてことは避けよう。
前作PSOのドラゴンにもあったネタ。

黄金状態

尻尾水晶以外の破壊可能部位が消滅し、弱点でもなくなる。
マグマ噴出のあとワンテンポ置いて二つ目の火柱が上がるようになる。
尻尾振りの尻尾を元の場所に戻すモーションにも攻撃判定が追加されて4段攻撃に。

マグマ大噴出
黄金状態の時に使用する。両手で地面を連打して地響きを起こす(画面が揺れる)モーションのあと、
ヴォル・ドラゴンの周囲にランダムで無数のマグマを噴出+ターゲットの真下にもマグマを噴出する。炎属性。
ランダム性もあるのでおとなしく離れたほうが無難。
マグマの発生時間が長い割にヴォル・ドラゴンの硬直は短いので、マグマが収まる前に次の攻撃を重ねて来る。
マグマ発生中にヴォル・ドラゴンを倒してしまうと撃破ムービーで噴出位置が分からなくなってしまうので、
攻撃できそうでもマグマが収まるまで攻撃しないほうが良い。
SHでは黄金状態解除まで永続する。
ヴォル「これで終わりだ!!」
バーン「燃え尽きろ!!」
超火炎弾
その場で浮上して、長い溜めの後にターゲットに向けて巨大な火炎弾を発射する。炎属性。
「黄金鎧を纏った状態が長く続いている場合に限り発動し、発動後は鎧状態が解除される」という特徴がある。
異常に攻撃力が高く、十中八九ヒットすると即死。生き残ってもバーンIIが付いてくる。
ヴォル・ドラゴンの真下をくぐるように背後に回り続けるのが最も確実な回避方法。
視点を上に向けてヴォル・ドラゴンの尻尾を追いかけていれば、火炎弾は地上には落ちずに空中に発射されて消えていくはず。
着弾まで横に走り続けても回避可能だが、着弾時にヴォル・ドラゴンの顔が正面にあるとアウト。
間に合わない場合には、フォトンブラスト発動時の無敵時間を利用するか、着弾までに時間のかかる遠距離まで離れて回避しよう。
思い切ってHu武器やカタナを持ってガードするのも有効。
ヴォル「バースト!」

難易度スーパーハードでの行動パターン強化

  • ドラゴン・エクスやダーク・ラグネなどと同じく、攻撃後の硬直をキャンセルして追加攻撃を行なうようになり、隙が減少。攻撃動作も全体的に速くなる。
  • 火球発射は常に二連発になる。
  • 黄金状態に移行後、即マグマ噴出(全体)を行なう。さらにこの全体攻撃は黄金状態が解除される(尻尾の結晶を破壊するか、超火炎弾発射)まで永続する。
    • これによるマグマ発生の頻度は時間が経つと共に緩やかになる。
  • 頻繁に潜航して強化段階を保とうとする。これにより通常段階と一段階強化でいる割合がかなり減り黄金状態での相対が増える。
    • 一段強化して出てきた直後に潜行し、すぐ黄金状態になることもある。
  • 突進炎ブレスの追尾性が上昇?

画像 Edit

ヴォル・ドラゴン
ヴォルドラゴン.png


バーン・ドラール
pso20121108_203812_000.jpg


コメント Edit

Show recent 5 comments. Go to the comment page.

  • 「押しつぶされて相討ちに持ち込まれボス箱没収」って書いてあるけどボス箱出現確認してからシップに戻ればちゃんと回収できるぞ -- 2014-04-29 (火) 17:18:03
  • 55foにはshヴォル無理ですたwvhならソロ狩り出来たのに。。。 -- 2014-05-11 (日) 14:36:48
    • 適度に距離取って火炎弾や突進をミラージュで避けつつ、タリステック5振りイルバータで尻尾→頭角→背中角→頭の順にひたすら撃ち続けばおk -- 2014-05-14 (水) 11:41:17
  • 敗者の特殊状態異常耐性云々の件で、可能性を確認するためヴォル相手に検証してみた。カスバータ凍結45%×フリズブースト110%=49.5。数字は凍結までの回数。()は撃破。・は3段階→1段階を挟む
    3-1-1-2-2-(54)、1-1-4-6-8-12・19-(30・3)、1-1-1-1-23-(8・37)、1-2-2-1-3-21-(3)、1-2-1-2-6-1-4・11-(7)
    3段階目中に凍結するか検証:30・30凍らず。その後1段階で6回凍る
    凍結しない部位狙い:31凍らず。その後1段階で6回凍る
    まとめ:ヴォルは1・2段階目の足に対してのみフリーズする。6回目から耐性が大きく上昇する。フリーズしない部位でフリーズ判定があったとしてもカウントされず耐性は上昇しない。であろう(改行等失礼しました) -- 2014-05-13 (火) 11:24:25
    • 上のやつと段階に対して違いがあったなすまん。1段階通常、3段階鎧で書き込んでる。 -- 木主 2014-05-13 (火) 11:36:36
  • バーンドラール一発の炎攻撃のダメージが半端ない、撃破してもザックスしかドロップしないけど(´·ω·`) -- 2014-05-18 (日) 21:09:00
  • 今ヴォルドラゴンに行ってきたんだけど、炎ブレスがガード不可になっていた。ガードし続けてもろに食らったから不具合確定と思うけど、皆さんも確認して報告していただければと思います。 -- 2014-05-27 (火) 22:28:37
    • ジャスガっぽくないし普通のガードだったとして一応聞くけど、ガード分のppはちゃんと確保してたのかい? -- 2014-05-29 (木) 07:07:13
    • あの攻撃を見ると攻撃判定の座標が飛び飛びで移動している気がします そのためにガードがめくられたのではないでしょうか...推測ですが -- 2014-06-18 (水) 20:01:30
      • その考え方で間違いないと思うよー 例えるなら、「フォイエのように1つの弾が飛んでくる」のではなく、「ラフォイエが線状に連なって連鎖爆発してくる」イメージ。なんにせよ、近接にとっちゃウザイことこの上ないねー -- 2014-06-18 (水) 20:39:19
      • おお、よかったです。返信ありがとうございます。言葉での表現がちょっと変でした...orz -- 子木主 2014-06-18 (水) 23:06:15
Name:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White