Top > マグとは

マグとは
HTML ConvertTime 0.095 sec.

マグとは | マグ一覧 | マグのエサ | マグデバイス系アイテム | フォトンブラスト/幻獣



概要 Edit

マグとは、プレイヤーをサポートする機械生命体である。
支援レベルによるプレイヤーのパラメーター補正や、トリガーアクション、オートアクション、フォトンブラストによる戦闘支援などを行う機能を持つ。
武器やユニット、回復アイテムやルームグッズなどを与えたり、マグに様々な影響を与えるデバイスを使用することで、これらの機能を調節、追加、変更することができ、プレイヤーそれぞれの用途に合わせてカスタマイズすることができる。


プレイヤーのいずれかのクラスレベルが5になると、コフィーのクライアントオーダー「マグライセンス授与申請試練」が発生し、
このクライアントオーダーをクリアすることで報酬としてマグを入手することが出来る。
また1体目のマグを入手した後は、ACショップで販売している「マグ獲得チケット」により、1キャラクターあたり
最大20体までのマグを所有することができる。
但し、あくまで入手したキャラクターでのみ使用可能であり、同一アカウント内であっても別のキャラクターに譲渡することはできない。


詳細情報 Edit

画像PB情報
mag.gifPBは
LV30
から
習得
レベル7種の支援レベルの合計。Lv30から進化の条件あり
エネルギー0%~100%満腹度。0%ではオートアクションと一部を除くトリガーアクションが発動しない。
エサを与えるとアップしていく
支援レベル打撃支援それぞれ1Lv毎に対応した基本能力値に+1される。
これによる能力増強は装備条件に影響する
射撃支援
法撃支援
技量支援
打撃防御支援
射撃防御支援
法撃防御支援
オートアクション第2段階から、タイプ別の戦闘支援を自発的にする
トリガーアクション1HP低下時/HP回復 初期マグから覚えている支援
2初期は空白
3
4Lv30追加枠(空白)
5Lv100追加枠(空白)
6マグ支援枠拡張デバイスの追加枠(空白)
7
8

  • マグのレベルと支援レベル
    マグの支援レベルゲージは、アイテムを与えることで増加、または減少する。
    支援レベルゲージが一定量たまるとレベルアップし、同時にマグ自体もレベルアップする。
    このマグの支援レベルの値は装備しているプレイヤーのパラメーターにそのまま加算される
    (例:打撃支援がLv1の場合、プレイヤーの打撃力に1ポイント加算される)。
    また、このパラメータの加算値は装備条件にも有効であるため、マグを成長させることで
    条件がきつめに設定された装備品を早い段階で使用することが可能になる。
    但し、上昇させた支援レベルを下げる手段がひとつしかないため、
    アイテムを与える際には注意が必要である。
    「マグレベルダウンデバイス」を使用すれば、支援レベルを1下げることが可能だが
    マグのレベルが101以上でないと使用できず、エクスキューブが50個必要になる。

  • 進化
    マグは支援レベルが特定の条件を満たすと進化する。
    Lv30以上で第2段階マグに、その第2段階マグをベースにLv100以上で第3段階マグに進化し
    進化したマグの形態ごとに設定されたトリガーアクション、オートアクション、フォトンブラストが使用可能になる。
    第2段階マグ、第3段階マグに進化した後も、5の倍数Lvごとに形態変化の判定があり、条件を満たせば
    第2段階マグ内で別のマグへ、第3段階マグの同系統内で別のマグへと形態が変化する。

  • トリガーアクション
    マグは初期段階からトリガーアクション「支援/HP回復A」を使用する。
    マグのレベルが上がり第2段階マグ、第3段階マグへと進化すると、新たなトリガーアクションが追加される。
    但し、追加されるのは進化した時だけであり、その後の形態変化では追加されない。
    ほとんどのトリガーアクションにデバイスが存在し任意に変更、追加することができるが、
    なかにはデバイスが存在せず進化によってのみ追加されるものがある。
    また「マグ支援枠拡張デバイス」を使用することで、最大で3つまで支援枠を拡張できる。

  • オートアクションとフォトンブラスト
    マグは第2段階に進化して以降、オートアクションを使用するようになる。
    打撃系のマグの場合はエネミーに直接体当たりしてひるませたり、射撃系や法撃系のマグの場合は
    エネミーに弾やテクニックを発射して戦闘を支援する。
    フォトンブラストが使用可能となるのも第2段階以降であり、第2段階では「プロイ」のみが、
    第3段階からはそれぞれの形態に応じて「プロイ」「イメラ」「ニフタ」のうちいずれかが使用可能になる。
    全てのオートアクションとフォトンブラストにデバイスが存在するため任意に変更が可能だが、
    デバイスを使った後でも進化、または進化後の形態変化が起こると、
    それに合わせてオートアクションとフォトンブラストも変化する。

  • エネルギー
    マグはエネルギーを消費して一部のトリガーアクションと、全てのオートアクションを行う。
    このためエネルギーが0%の場合は、これらのアクションを行わくなる。
    エサ(アイテム)を与えることで33%(全体の1/3)回復し、100%を超える場合には新たにエサを与えることが出来ない(一部例外あり)。
    何もしない場合であってもエネルギーは時間経過と共に減っていき、40分で100%のエネルギーを全て消費する。
    即ち、エサ1つにつきエネルギーは13分20秒もつことになる。
    また、マグのレベルによって時間経過によるエネルギーの減少の仕方に違いがあり、
    最大レベルまで成長していないマグはゲームプレイ中もログアウト中もエネルギーが減少するが、
    最大レベルのマグはゲームプレイ中のみエネルギーが減少する。

マグの機能のなかには、一度ミスをするとリセットデバイスを使用して初期化しない限り
修正できないものがいくつかあるため、育成には幾分か注意が必要となる。


マグリセットデバイス Edit

ACショップにて500ACで購入でき、マグのレベルや支援機能をリセットし初期状態へ戻すことが出来る。
ただし、マグ支援枠拡張デバイスで増加したトリガーアクションの枠は消えずに残る。


マグの進化条件 Edit


個体の画像やトリガーアクションの詳細等はマグ一覧、支援レベル成長のエサの検証はマグのエサ参照。

初期名称
Lv1~Lv29
系統第2段階名称
Lv30~Lv99
進化条件(支援レベルの状態)第3段階名称
Lv100~
進化条件(支援レベルの状態)
マグ打撃系ライラ(打撃系)>(射撃系,法撃系,技量)ドルフィヌス(打撃系)>(技量+射撃系)
かつ(打撃系)>(技量+法撃系)
キグナス(射撃系+技量)>(打撃系)
かつ(射撃系)>(法撃系)
ライブラ(法撃系+技量)>(打撃系)
かつ(法撃系)>(射撃系)
射撃系フォルナクス(射撃系)>(打撃系,法撃系,技量)ケフェウス(射撃系)>(技量+打撃系)
かつ(射撃系)>(技量+法撃系)
ツカナ(打撃系+技量)>(射撃系)
かつ(打撃系)>(法撃系)
カエルム(法撃系+技量)>(射撃系)
かつ(法撃系)>(打撃系)
法撃系レプス(法撃系)>(打撃系,射撃系,技量)モノケロス(法撃系)>(技量+打撃系)
かつ(法撃系)>(技量+射撃系)
カリーナ(打撃系+技量)>(法撃系)
かつ(打撃系)>(射撃系)
オリオン(射撃系+技量)>(法撃系)
かつ(射撃系)>(打撃系)
技量系アントリア(技量)>(打撃系,射撃系,法撃系)クルックス(技量)>(打撃系,射撃系,法撃系)
レオ(打撃系)>(技量)
コルブス(射撃系)>(技量)
アプス(法撃系)>(技量)


  • 初期段階マグはLv30以上の判定時、最も高い支援レベル系統をもとにして打撃系、射撃系、法撃系、技量系のうち、いずれかの第2段階マグに進化する
  • 最も高い支援レベル系統が2つ以上ある場合は、1つとなった時点で進化する。
  • 第2段階に進化した後でも、レベルが5の倍数時に他のマグへの進化条件を満たしていれば第2段階マグ内で形態が変化する。
  • Lv95時点の第2段階マグの系統が、第3段階マグのベースとなる(例 Lv95の時点で打撃系マグであれば、第3段階でも打撃系マグに進化する)。
  • 第2段階マグ進化条件
    A(打撃系支援レベル)、B(射撃系支援レベル)、C(法撃系支援レベル)、D(技量支援レベル)
    打撃系マグ (A)>(B and C and D)→ライラ
    射撃系マグ (B)>(A and C and D)→フォルナクス
    法撃系マグ (C)>(A and B and D)→レプス
    技量系マグ (D)>(A and B and C)→アントリア

A、B、Cの~系支援レベルとは攻撃支援、防御支援の両方を含んだもの。どちらかの値が「0」でもよい。
  また技量タイプ以外は技量が「0」でもよい。



  • 第2段階マグはLv100以上の判定時、Lv95時点での第2段階マグの系統と、Lv100以上での支援レベル系統をもとにして打撃系、射撃系、法撃系、技量系のうち、いずれかの第3段階マグに進化する
  • 最も高い支援レベル系統が2つ以上ある場合は、1つとなった時点で進化する。
  • 第3段階に進化した後でも、レベルが5の倍数時に他のマグへの進化条件を満たしていれば同系統マグ内で形態が変化する。
  • 第3段階マグ進化条件
    A(打撃系支援レベル)、B(射撃系支援レベル)、C(法撃系支援レベル)、D(技量支援レベル)
    打撃系マグ 
    (A)>(D+B) and (D+C)    →ドルフィヌス
    (B+D)>(A) and (B)>(C)   →キグナス
    (C+D)>(A) and (C)>(B)   →ライブラ

    射撃系マグ
    (B)>(D+A) and (D+C)    →ケフェウス
    (A+D)>(B) and (A)>(C)   →ツカナ
    (C+D)>(B) and (C)>(A)   →カエルム

    法撃系マグ
    (C)>(D+A) and (D+B)    →モノケロス
    (A+D)>(C) and (A)>(B)   →カリーナ
    (B+D)>(C) and (B)>(A)   →オリオン

    技量系マグ
    (D)>(A and B and C)     →クルックス
    (A)>(D)                 →レオ
    (B)>(D)                 →コルブス
    (C)>(D)                 →アプス

A、B、Cの~系支援レベルとは攻撃支援、防御支援の両方を含んだもの。どちらかの値が「0」でもよい。
  また技量タイプ以外は技量が「0」でもよい。



  • 最も高い支援レベル系統が2つ以上ある場合は1つとなった時点で進化するため、Lv30とLv100での進化が起こらない。
    一例として2つの支援系統がLv15でマグのLvが30になった場合、2つの支援系統がLv50でマグがLv100になった場合は形態が維持される。
  • 進化後の5の倍数lv毎の変化判定時、1つのエサで2つ以上の支援レベルを同時にレベルアップさせ判定Lvを飛ばすと、その都度変化を防ぐことができる。
    ※但し、LV30とLV100での最初の2段階、3段階目の進化はこの方法で防ぐことはできない。
     また、最終的にレベル上限に達した場合もこの方法が使えず、変化する。
  • 進化の条件はクラスチェンジをしていても無関係。旧PSOにあったようなクラス専用の変化はない。

コメント Edit

公序良俗に反するコメント(煽り・誹謗中傷、差別的な表現、わいせつな表現等)は控えてください。

Show recent 5 comments. Go to the comment page.

  • 適当にアイテムを与えた俺終了のお知らせ -- 2015-04-09 (木) 18:52:20
    • 俺も同じだけど次のアプデでダウンデパイス来るから立ち直れ・・・るのかな・・・ -- 2015-04-10 (金) 22:01:32
    • スキルツリー初期化みたいにマグリセットも配ってくれればな ここまで重要な物って分かってなくて適当に上げてたわ -- 2015-04-14 (火) 13:50:36
    • 俺もだよ・・・190LVだし作り直しは・・・どうなんだろ?マグ普段使わないし別にいいかなーとか思ってたりというか今知ったんだけどステータス補正かけてくれるのね -- 2015-06-01 (月) 10:42:26
    • 300ACでマグを増やせるのでご利用下さい。 -- 2015-06-05 (金) 09:47:07
  • クラフト武器を愛用する場合は、技量+ステータスに盛ったマグを作った方が良いんでしょうか? 一応特化マグも持っていますがわからなくて・・・。 -- 2015-04-16 (木) 20:29:58
    • Fi Gu Boだとクリティカルスキルで補えるから技量無くても行けるかな。と言うかブレが気になって眠れない!って人以外は打撃特化マグとかそう言うのだけで十分だと思う。気にしすぎも何とやら -- 2015-04-19 (日) 04:27:47
  • 1下げるのにキューブ50個かぁ、最初に作った打撃用が技量多めなので振り直そうかと思っていたが、ためらってしまうな -- 2015-04-23 (木) 15:47:48
  • PP回復J・E法マグ(法174技1)を作りたいと思っているのですが、やはり規定の値から1づつ下げていく方法しかありませんでしょうか? キューブ2K程消費するので躊躇ってます。 -- 木主 2015-05-19 (火) 15:59:35
  • Bo/Brで飛翔剣と弓を同時に使いたいんですけどマグってやっぱ打撃か射撃に特化させた方がいいのかなぁ -- 2015-06-12 (金) 10:35:52
    • Bo/Brで運用するとDBにしろ弓にしろ大して強くないどころか弱いのが難点だと思う。どう頑張ってもどちらかの武器特化には足元にも及ばないんじゃないですかね -- 2015-06-13 (土) 00:18:08
    • 火力なんて気にしないで特化だろうがバランスだろうが自分の好きなように作っていいと思うぜよ -- 2015-06-17 (水) 22:20:41
    • 組み合わせからして器用貧乏になって火力は出せなくなってしまうからどうしてもやりたいなら割り切るしかないんじゃないかな…どっちをメインにするか決めてそちらにマグを合わせたほうが後悔はしないと思うゾ -- 2015-06-22 (月) 14:25:06
Name:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White