Top > テクニック > 氷属性

テクニック/氷属性
HTML ConvertTime 0.216 sec.


概要 Edit

敵を完全に停止させる状態異常「氷効果.png フリーズ」を付与することができるため、戦闘において有利な環境を作りやすく堅実に雑魚と戦えるが、
仲間にフリーズを割られてしまう場合や別の状態異常を付与されることもあるため乱戦時は効果を発揮しづらい時があり、単独行動またはフリーズ特化PTにおいて効果を発揮しやすい。
Foスキル「フリーズキープ」を習得すれば仲間が攻撃してもフリーズが割れにくくなり、より援護に特化することが出来る。

 フリーズに関する注意点について


氷力.png 氷属性 Edit

バータ Edit

初級の氷属性テクニック。フォトンを媒介して、大気を冷却し 射線上に氷柱を走らせる。

画像Lv12345678910
バータ.png威力          
技量補正100%
チャージ0.6秒
消費PP20
氷効果.png フリーズ282930
必要法撃力96100150210240288308324332374
画像Lv11121314151617181920
威力     1145
技量補正100%
チャージ0.6秒
消費PP20
氷効果.png フリーズ30
必要法撃力394402430440455470485
レシピメリットデメリット特殊効果
効率1消費PP-10~-1威力-30%~-10%
2消費PP-10~-1威力-25%~-10%状態異常発生率+2%
3消費PP-10~-1威力-20%~-10%状態異常発生率+4%
氷牙1威力+70%~+100%消費PP+3~+10状態異常発生率+15%
2威力+100%~+130%消費PP+2~+9状態異常発生率+15%
3威力+170%~+230%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒状態異常発生率+15%
  • 潜在能力で威力が上がる武器(ウォンド.pngサミットムーン)
  • 固有テクニックを持つ武器(アサルトライフル.pngフローズンシューター)
  • 照準の位置へ向けて敵を貫通する氷柱を放つ。直線上に並んでいる敵にまとめて当てることができる。
  • 氷柱は地形を這うようにして直進するため、地形の影響を受けやすい。
    • 地面が凸凹している火山のように、地形が不安定な場所では扱いやすいテクニック。
      • ただし壁扱いになっている地形(走っていると引っかかる場所)では消えてしまう。高さがある岩や地面に埋もれている青ブロック等に注意。
    • 空中へ向けて発射すると放物線軌道を描いて落下し、接地するとそのまま地面を這って進んでいく。
      そのため、空中を飛んでいるエネミーなどの高高度の対象には当てづらい(TPS視点で実際の対象の位置より上を狙わなければならない)。
    • 投げたタリスから通常視点で撃つと、射角がロック対象に向くため命中率が上がる。
 修正履歴

  • 効率のバータは、氷テクニックの中では唯一の長距離攻撃可能な効率テクニック。軌道にクセはあるものの、効率フォイエのように通常攻撃のかわりに扱えるので便利。
  • 氷牙のバータはFiのハーフラインブーストLv5でフリーズ率90%を達成できるのが大きな特長。フリーズブーストLv10も組み合わせるとフリーズ率94.5%、更にフォトンフレアブーストLv7を合わせるとフリーズ率100%となる。
    レシピ2からは威力も大幅に引き上がっているので、威力面でもそれなりに期待ができる。とはいえ座標系かつ高威力のイル・バータの存在もあり、貫通や凍結率の高さなど強みを活かしていきたい。
    • 状態異常の倍率計算はカスタム後の状態異常発生率を基準に加算で計算していく様子。2014年4月現在、ハーフラインとフリーズブーストだけで99%に行くことはないようだ。
      • 上記に加えてフォトンフレアブーストを利用することで100%を上回り、特にフリーズ耐性のない雑魚は必ず凍らせることが一応可能になる。
    • レシピ3はLv17基準で約14.8%~20.1%の威力増加。
      ただしデメリットがチャージ時間増加であり基本性能のチャージ時間が短縮されたことによりデメリットの影響が相対的に増加しているため、DPSは数値ほどは上がらない。

ギ・バータ Edit

中級の氷属性テクニック。フォトンを媒介に、大気を急速冷却し前方広範囲に氷の礫を発生させる。

画像Lv12345678910
ギ・バータ.png威力          
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP25
氷効果.png フリーズ151617
必要法撃力96100150210240288308324332374
画像Lv11121314151617181920
威力      1380
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP23
氷効果.png フリーズ17
必要法撃力394402430440455470485
レシピメリットデメリット特殊効果
氷牙1威力+80%~+140%チャージ時間+0.30秒~+1.00秒
2威力+140%~+190%チャージ時間+0.20秒~+0.60秒
3威力+150%~+200%状態異常発生率-15%~-5%
効率1消費PP-10~-1威力-30%~-10%
2消費PP-10~-1威力-30%~-10%チャージ時間-0.05秒
3消費PP-10~-1威力-20%~-10%チャージ時間-0.07秒
  • 固有テクニックを持つ武器(ウォンド.pngリリーパドルジェットブーツ.pngアクアシャボンエッジ)
  • 自身(またはタリス)の前方に無数の氷の矢を放つ氷の塊を出現させ、その前方扇状の範囲内にいる対象に断続的にダメージを与える。
  • ノンチャージ・チャージともに3回の攻撃。チャージ時の威力は表記の 33%×3ヒットの合計99%。
  • 水平方向の範囲は広いが上下の範囲は狭い。
    • 前方への射程はミラージュエスケープ2回分ほど。
  • 威力がそこそこ高め、かつ攻撃範囲も広いので雑魚エネミーの大群を掃討するのに向いている。
  • 氷の塊が停滞する約2秒間の間、攻撃範囲内の敵にノックバックが断続的に発生するため、敵の行動を妨害しながら別の行動を取ることができる。
    • 範囲が広く、フリーズも狙えるため、総合的な足止め性能は随一。
  • 反面大型エネミーなどノックバックの発生しない相手に対しては攻撃の途中で抜けられてしまい十分なダメージを与えにくい。
  • 投擲されたタリスから発動させた場合、ロックしている敵にかかわらず使用者の向いている方向へ射出される。
    • ただし上下には射出できないため、上空に投擲して地面一体を攻撃する、といった用法はできない。
 修正履歴

  • 氷牙のギ・バータはチャージ時間を厳選すれば1射中ののけぞり時間内に再チャージが終わるので、この手のカスタムの中では使いやすい方。
    ただしチャージ時間のデメリットのブレが激しく、前述のとおり厳選は必須。
    • レシピ3では上昇量には大きな変更はないが、デメリットが状態異常発生率低下に変化してより使いやすくなった。フリーズは狙いにくくなるものの、フリーズ狙いならバータやラ・バータの方が優秀なのでそちらと使い分けを。
    • 意図しないフリーズは邪魔になることが多々あるので、状態異常発生率低下はむしろメリットと捉えることもできる。あえて低い値を狙うのも一考。
    • レシピ3はLv17基準で約10.9%~14.5%の威力増加。
  • 効率のギ・バータの方は威力低下も気になるほどではなく、PP効率は大幅に良くなるので大変使い勝手が良い。
    • ギ・バータの特性的にも多数ばら撒いておく戦法が有効であり、若干多めな消費を大きく抑えられるのは好都合。対小型用に優秀なカスタム。

ラ・バータ Edit

中級の氷属性テクニック。フォトンを介して、大気状態に干渉。自身の周囲に吹雪を発生させる。

画像Lv12345678910
ラ・バータ.png威力          
技量補正100%
チャージ0.8秒
消費PP23
氷効果.png フリーズ282930
必要法撃力96100150210240288308324332374
画像Lv11121314151617181920
威力      1170
技量補正100%
チャージ0.8秒
消費PP23
氷効果.png フリーズ3035
必要法撃力394402430440455470485
レシピメリットデメリット特殊効果
数多1発動間隔-0.40秒威力-30%~-10%(最大Hit数+1)
2発動間隔-0.40秒威力-25%~-10%状態異常発生率+2%
(最大Hit数+1)
3発動間隔-0.40秒威力-20%~-8%状態異常発生率+4%
(最大Hit数+1)
氷牙1威力+80%~+150%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒
2威力+150%~+220%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒
3威力+190%~+250%状態異常発生率-25%~-15%
  • 自身(またはタリス)を中心とした円筒状の範囲に吹雪を発生させる。ノンチャージ・チャージともに4回の攻撃。
    • 最初の2ヒットは短い間隔で発生する。
  • 実際に攻撃が当たる範囲は表示される吹雪のエフェクトの範囲より狭い。
  • ノックバック効果がないため攻撃モーション中にエネミーに抜けられやすいが、フリーズ確率は高いのでフリーズが有効な相手ならそれなりに有効。
 ラ・バータ使用時の注意点について
 修正履歴

  • 数多のラ・バータはヒット数が4から5ヒットに上昇。表記上の威力は下がるが、フルヒットさせれば結果的に威力の向上につながる。(表記の1.25倍の威力)
    1ヒットあたりの威力は下がっているがヒット間隔も短くなっているため瞬発力が下がることもなく、実質デメリットなしで威力が上昇していると言っても過言ではない。
    • レシピ2からは若干ながら状態異常発生率も強化される。元々高めの発生率で5ヒットするためフリーズ率は良好。フリーズを狙う機会も増えているので地味に嬉しい。
    • レシピ3はフルヒットさせると、Lv17基準で約22.9%~24.1%の威力増加。
  • 氷牙のラ・バータは純粋に威力の強化となるが、数多とあまり威力差もないので、殆どの面で数多のラ・バータの方が使いやすいだろう。
    • 凍結させたくない場面(ゾンディール併用)ならこちら。
    • レシピ3はLv17基準で約16.2%~21.4%の威力増加。

サ・バータ Edit

中級の氷属性テクニック。フォトンを操り、大気圧を調整。目標地点に対し、氷柱を落とす。

画像Lv12345678910
サ・バータ.png威力          
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP20
氷効果.png フリーズ151617
必要法撃力96100150210240288308324332374
画像Lv11121314151617181920
威力      1261
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP20
氷効果.png フリーズ17
必要法撃力394402430440455470485
レシピメリットデメリット特殊効果
広域1範囲+0.50m~+2.00m消費PP+3~+10
2範囲+1.00m~+2.50m消費PP+2~+9
3範囲+1.20m~+2.70m威力-20%~-10%
氷牙1威力+40%~+80%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒
2威力+70%~+120%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒
3威力+120%~+160%チャージ時間+0.08秒~+0.22秒
  • 座標系の攻撃テクニック。ターゲットした相手の頭上から氷柱を落とす。少範囲ではあるが範囲攻撃。
    • 無限射程は修正されたものの射程は非常に長く、マップ0.5区画程度まではロック可能で、肩越し視点であれば0.9~1区画先のレンダリングされていない相手にも当たる。
    • ロックオンしたままテクニックを使用すると対象へ氷柱が追尾する。
    • 追尾中はアンジャドゥリリの突進攻撃にも追い付けるが、追尾してくれるのは氷柱が落下する(最初のダメージが発生する)まで。連続で激しく動き回る相手には2・3発目が外れてしまうこともある。
  • ノンチャージ1回・チャージ3回の攻撃。
    • 威力はノンチャージ時が表記の44%、チャージ時が表記の34%×3ヒットで102%。
  • 氷柱ヒット時のノックバックとは別に、テクニック発動時に一定時間対象の動きを完全に止める効果がある。
    • ただし、この効果で動きを止められるのは基本的に雑魚限定、かつロックオンしていたエネミー1体のみ。広域カスタムによる範囲拡大もダメージ部分にしか効果を発揮しない。
    • 氷柱が落ちエネミーの動きが止まる時間よりも短いため、連続使用によりハメることも可能。
    • 吹き飛ばしたエネミーなども空中で止める事が出来る。吹き飛ばしを抑える、もしくは次のコンボの起点にすることが可能。
  • 癖の強い挙動が多い氷テクニックの中ではシンプルな座標系ということで使い勝手は優秀。
    • 氷属性の座標テクニックにはイル・バータという対抗も存在するが、イル・バータ7HIT目の発動が安定しない場合はこちらの方が高火力。状況に応じて使い分けたい。
 修正履歴

  • 広域のサ・バータは攻撃範囲が拡大され、周辺の敵を巻き込みやすくなる。
    • 2m以上の範囲拡大になれば巻き込みやすさも十分実感できるようになる。
      ノックバックを含め動きの面倒な雑魚を足止めできるため使い勝手に優れる。
  • 氷牙のサ・バータは火力が上昇するがチャージ時間も延びてしまうため、厳選しないと扱いにくいカスタム。
    • レシピ3はLv17基準で約9.5%~12.7%の威力増加。
    • 主にチャージ時間短縮のあるPhでの利用で光るカスタム。

ナ・バータ Edit

上級の氷属性テクニック。大気に干渉し続ける連鎖冷却反応を起こし、前方に冷気を放出し続ける。

画像Lv12345678910
ナ・バータ.png威力198200202204206208210212214216
技量補正100%
チャージ-
消費PP30
氷効果.png フリーズ151617
必要法撃力96100150210240288308324332374
画像Lv11121314151617181920
威力218220222224226228230
技量補正100%
チャージ-
消費PP30
氷効果.png フリーズ17
必要法撃力394402430440455470485
レシピメリットデメリット特殊効果
深刻1状態異常発生率+10%~+20%威力-30%~-10%
2状態異常発生率+15%~+25%威力-20%~-10%
3状態異常発生率+20%~+30%威力-15%~-5%
氷牙1威力+15%~+25%状態異常発生率-20%~-10%
2威力+25%~+40%状態異常発生率-20%~-10%
3威力+30%~+45%状態異常発生率-18%~-8%
  • 固有テクニックを持つ武器(ガンスラッシュ.pngブラッドスリドゥンランチャー.pngラブパシアン)
  • 前方短射程に直線状に冷気を放出する。ボタンを押している間はPPを消費しながら連続して放出し続ける。発動中は自由に移動可能。
    • 発動と同時に表記通りのPPを消費。以降ボタンを押し続けると更に1PPずつ、1秒につき5PP程度のペースでPPを消費する。
    • 素早くボタンを離すと、発動分のPPは消費するものの冷気を放出せず、一瞬モーションだけ取って終了する。
      • 一見PPを消費するだけの失敗行動のようだが、即座にJAリングを出せるため、PPが余りがちな殴り中心のウォンド使いでは地味に使える小ネタ。
      • 武器パレットにナ・バータをセットしておき、任意のタイミングで必要な回数だけ不発することで素早く望みの通常攻撃段数を繰り出すことが出来る。
  • 攻撃はおよそ0.5秒間隔で発射される。単発威力は表記通り。
  • 当たり判定はほぼ見た目通り。冷気はゆっくりと進んでいくため、発射してから最大射程まで届くのに時間がかかる。
    • なおこの冷気エフェクトは現在、視覚効果/負荷の軽減調整の結果使っている本人以外には見えない。
  • 長押しが攻撃続行判定になる仕様上、現時点では唯一チャージの存在しないテクニック。そのためチャージ系のスキルの効果は受けられず、ウォンドギアも溜まらない。
    • 以上のように未チャージ扱いのため、ノーマルテックアドバンス、エリュシオンの潜在能力「無心の形」が適用される。
      • また、チャージエスケープでキープしたテクニックを消失せずに射出出来るという利点もある。
  • 前方90度程度の範囲内の最寄の目標へ向かって放射される。
  • 投擲されたタリスから発動すると射出方向を変えることができない。
 修正履歴

  • 深刻のナ・バータは低い状態異常発生率をカバー。ヒット数も多いためフリーズを狙う時に使用する際はこちら。
    • とはいえPP効率が悪い上に範囲もそこまで優秀ではなく、フリーズを狙う場合はラ・バータなどに喰われるケースが多い。
  • 氷牙のナ・バータは状態異常発生率を犠牲にして火力を向上。元々状態異常発生率は低く、フリーズを狙うなら別のテクニックの方が優秀なのであまり気にならない。
    • レシピ3はLv17基準で約13.0%~19.6%の威力増加。

零式ナ・バータ Edit

攻撃に反応して反撃する氷の盾を展開。反撃後は無敵時間が発生する。ボタンホールドで盾を構え続ける。

画像Lv12345678910
ナ・バータ.png威力          
技量補正100%
チャージ-
消費PP10
氷効果.png フリーズ
画像Lv11121314151617181920
威力      1171
技量補正100%
チャージ-
消費PP10
氷効果.png フリーズ40

2017/03/08より零式ナ・バータが実装。
カスタムタイプ1:威力+0~+83 カスタムタイプ2:消費PP+0~+10

  • 発動すると前方に氷塊を構え、これに敵の攻撃が接触するとカウンターが発生する。
    • カウンター成立時には無敵時間が付与される。
      カウンター攻撃は必中というわけではなく、位置関係や相手の挙動・大きさによってはヒットしない。
    • ヒーローカウンターとは異なり、扱いはあくまでもガード判定である。よってダークファルス・ダブルの扉や幻創戦艦・大和の全ての砲撃などガード貫通技には無力で、無敵時間も付与されないので注意が必要。
  • ボタンホールドで氷塊を維持することが出来る。
    発動と同時に表記通りのPPを消費。以降ボタンを押し続けると1PPずつ、1秒間に50PP程度のペースで消費する。
  • ガード判定はボタンを押した瞬間から発生しており、氷塊の表示前でもガードが可能。
    ボタンを離した後も、一定時間(JAリングが表示されている時間と同程度)はガードの受付が持続する。
    • よって一瞬だけボタンを押すことで、PPを消費してほぼノーモーションでジャストガード判定+JAリングを発生させる手段として運用することも可能。
      むしろホールドしていると恐ろしい速度でPPが減っていくので、基本的な運用方法はボタンチョイ押しである。
    • 当テクニックに限ったことではないが、サブパレットから発動した場合は攻撃段数が維持され、武器パレットから発動した場合は攻撃段数が進む。
      よって武器パレットから発動することにより、初段を飛ばし2段目の殴りから行うことができる。
      逆に例えば2段目の攻撃が終わったときに敵から攻撃が来た場合はサブパレットから零式ナ・バータを発動することにより、攻撃段数をリセットすることなく威力の高い3段目の通常攻撃に繋げることができる。
  • ナ・バータが使用可能な構成であれば、法撃武器以外を持った状態でも使用できる。
  • L/テックCパリングと防御性能を比較したとき、L/テックCパリングは敵の攻撃をガードしても無敵状態にならないが、零式ナ・バータはガード成立した瞬間に無敵になるので連続攻撃や多方向からの攻撃に強いという利点がある。
  • 全テクニック中最も高い速度で連打できるという特性を活かし、ゲノンシリーズの潜在能力「変異の代償」とS級特殊能力「災転輝与」を組み合わせてPPを高速回復する用途としても利用できる。
 修正履歴

イル・バータ Edit

上級の氷属性テクニック。ダメージを与えつつ、同じテクニックの威力を増幅させる氷の紋章を刻み込む。

画像Lv12345678910
イル・バータ.png威力435440445450455460465470475480
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP25
氷効果.png フリーズ151617
必要法撃力96100150210240288308324332374
画像Lv11121314151617181920
威力485490495500505510515
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP25
氷効果.png フリーズ17
必要法撃力394402430440455470485
レシピメリットデメリット特殊効果
集中1チャージ時間-0.40秒~-0.10秒威力-50%~-30%
2チャージ時間-0.45秒~-0.15秒威力-40%~-20%
3チャージ時間-0.50秒~-0.20秒威力-30%~-10%
氷牙1威力+60%~+100%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒
2威力+100%~+140%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒
3威力+120%~+160%チャージ時間+0.10秒~+0.30秒
  • 潜在能力で威力が上がる武器(ガンスラッシュ.pngクイーンヴィエラタリス.png舞姫歌扇)
  • 固有テクニックを持つ武器(ロッド.pngグラヴィリオス)
  • 座標系の攻撃テクニック。ターゲットしているエネミーに氷が発生しダメージを与え、同時に青い紋章を張り付ける。
    • 無限射程は修正されたものの射程は非常に長く、マップ0.5区画程度まではロック可能で、肩越し視点であれば0.9~1区画先のレンダリングされていない相手にも当たる。
    • 紋章がついているエネミーに対してさらにイル・バータを命中させると、ダメージとともに氷塊が形成・累積されていき、7発目で大爆発を起こす。
    • 他キャラクターによるイル・バータもカウントに加算される。
    • 判定は部位単位ではなくエネミー単位。途中で別の部位に狙いを変える、部位破壊を起こす、等があってもカウントは継続する。
      • 例えばゴロンゾラン相手の場合、バリア結晶もゴロンゾランの一部とみなされるため、各結晶破壊に4発→本体に5~7発目という当て方が可能。
      • ちなみにバリアに防がれてダメージが入らなかった場合でもカウントされる。
  • 紋章の持続時間は約5秒。当てる度に更新され、5秒持続に戻る。
    • キャタドラン等の潜行時も時間内であれば維持され、武器を持ち替えても消滅しない。エネミー側に発生する特殊状態異常のような扱いか。
    • 持続時間はチャージやJAの有無・カウント数によらず一律だが、稀に5秒未満で紋章が消える事例がある。情報求む。
  • イル・バータ1回ごとにダメージが発生し、表記を基準に1~3発目は100%、4~6発目は200%、7発目は800%のダメージを与える。
    • 7発平均倍率は約242.9%。6発だと150%。7発目を当てなければ大幅にDPSが落ちることとなる。
    • ノンチャージでは1~3発目は50%、4~6発目は100%、7発目は200%。
      • 7発目のみチャージ時との威力差が大きいため、必ずチャージ版を当てられるようにしたい。
  • エネミー同士がほぼ密着していないと巻き込めないほどの狭範囲ではあるが、一応複数に当てる事が可能。紋章もそれぞれのエネミーに形成される。
  • エネミーをターゲットしていない状態で発動すると何も起こらず不発に終わる。
  • 完全に余談だが判定は「倍率設定判定付与→ダメージ」なので実は2HITしている。ウォンドギアも2回上昇する(ギア増加は当然チャージ発動時に限る)。
 修正履歴

  • 集中のイル・バータはチャージ主体なら非常に扱いやすいカスタム。特にのけぞりや吹き飛ばしなどで妨害されやすいチャージフィニッシュを安定して入れやすくなるというのは大きい。
    • 確殺ラインの変化やフィニッシュのダメージの低下をどこまで受け入れられるかが重要か。
    • チャージ時間が短くなりPP切れを非常に起こしやすくなるので注意。
    • 氷攻撃テクニックの中では唯一の集中カスタム。ジェットブーツに氷属性を付与する手段としても有効。
    • 氷牙カスタムのイル・バータと比べ威力が大幅に低いので、マルチプレイ時のフィニッシュは氷牙カスタム持ちに譲ったほうが無難。
  • 氷牙のイル・バータは威力特化のカスタムで、1確ラインは広がり、ただでさえ強烈なフィニッシュの威力が大きく上昇する。
    • フィニッシュ時にチャージを潰されると、せっかくの高威力が台無しになる。リングスキル「マッシブハンター」や潜在能力「不撓不屈の魂」などでカバーしたい。
    • 1~3発目をノンチャージで稼ぎ、残りをチャージで発動するなど工夫して使うと効率よくダメージを稼げる。ただし、マルチでのフィニッシュ誤爆には要注意。
    • レシピ3はLv17基準で約23.3%~31.1%の威力増加。
  • 以下はLv17イル・バータを基準とした各種威力表。
    レシピ1~3発目4~6発目7発目相対威力
    集中レシピ3485~505%970~1010%3880~4040%94.2~98.1%
    カスタムなし515%1030%4120%100.0%
    氷牙レシピ3635~675%1270~1350%5080~5400%123.3~131.1%

デバンド Edit

初級の氷属性テクニック。フォトン励起を利用し防御力活性フィールドを生み出す。

画像Lv12345678910
デバンド.png威力180181182183184185186187188189
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP20
必要法撃力96100150210240288308324332374
画像Lv11121314151617181920
威力190191192193194195197
技量補正100%
チャージ1秒
消費PP20
必要法撃力394402430440455470485
レシピメリットデメリット特殊効果
集中1チャージ時間-0.40秒~-0.10秒消費PP+3~+10
2チャージ時間-0.45秒~-0.15秒消費PP+2~+9
3チャージ時間-0.50秒~-0.20秒消費PP+1~+8範囲+2.00m
数多1発動間隔-0.30秒消費PP+5~+15(最大Hit数+1)
2発動間隔-0.30秒消費PP+1~+11(最大Hit数+1)
3発動間隔-0.30秒消費PP+1~+8範囲+1.00m
(最大Hit数+1)
  • 固有テクニックを持つ武器(ツインダガー.pngシノワレイダーロッド.pngベルトローナータリス.pngクリーグアリオンタリス.pngレーテクリーグ)
    • 固有PA「グランウェイヴ」の派生攻撃時でも、このテクニックを発動することが出来る。(要・デバンド習得)
  • 補助テクニック。自身と周囲のプレイヤーキャラクターの打撃防御・射撃防御・法撃防御を上昇させる。
  • ノーマル2回・チャージ4回のヒット判定が発生し、1ヒット毎に効果時間が15秒追加される(フルチャージで4回かかれば60秒持続する)。
    • 効果中に再度かけることで1ヒットあたり15秒延長されるが、効果時間は60秒以上は累積しない。
    • テクターを含む構成ではテクターの初期習得スキル「エクステンドアシスト」の効果で最大180秒まで効果時間を累積できる。ただし、効果時間は1ヒット15秒のままなので、複数回使用する必要がある。
      • メインテクター専用スキル「ロングタイムアシスト」の効果発揮時は1ヒットの効果時間が45秒に延長され、4ヒットで最大の180秒まで累積させられるようになる。
    • デバンド発動中、4ヒットする前に続けて同じプレイヤーが一部の補助テクニックを発動した場合、その時点でデバンドが終了し、十分な効果時間を得られなくなる。連続使用は4ヒット確認した後で。
  • チャージ時の効果範囲の半径はおよそ6キャラ分。
  • 上昇率は表記威力の10%(Lv1で+18.0% Lv17で+19.7%)で、被強化者の素のステータス値にのみ倍率がかかる。
    • すなわち、「メインクラスの値」「サブクラスの値」「クラスブースト増加分」「クラススキル増加分」「マグ増加分」「S級特殊能力増加分」の合計。
      • クラススキルは「〇〇アップ」、S級特殊能力は「〇〇上昇」のみが対象。
      • ユニットの防御力や装備品の特殊能力(能力上昇系S級特殊能力を除く)による増加分には加味されない。
    • デバンドの効果に影響するのは発動者の取得しているデバンド強化スキルや被強化者のステータスのみで、チャージの有無やJAの成否等によって増加量が変化することはない。
    • 同様に素のステータスを参照するドリンクチームツリーPSE(攻撃力UP)とは互いに乗算で効果が適用される。
  • 関連スキルはTeスキル「デバンドアドバンス」「デバンドカット」「デバンドタフネス」「ロングタイムアシスト」「エクステンドアシスト」、Boスキル「デバンドPPリストレイト」、Fiスキル「アドレナリン」。
    • テクタースキルの「デバンドカット」を習得すれば、習得レベルに応じて更に被ダメージを5~15%軽減できる。このスキルが適用される場合ヒットエフェクトに青白い円盤状のエフェクトが発生する。
  • 既にデバンドの効果を受けているキャラクターにより高レベルのデバンドを後がけした場合、レベルの高いほうで効果が上書きされる。
    • 逆に低レベルのデバンドを後がけした場合、増加量は変化せず効果時間の延長のみが行われる。
    • これらの特性は各種デバンド強化スキルについても同様。現在は後がけによって効果が低下するケースはないため、後がけの際にレベルを考慮する必要はない。
  • 消費アイテム「デバンライド」を使用すれば、クラスを問わず自分と付近のキャラクターにデバンドバフを付与することが出来る。ただしこの場合のデバンドレベルは1固定。

  • 集中のデバンドはチャージ時間が短縮され、咄嗟の補助をしやすくするカスタム。レシピ3では範囲も大きく広がる。
    • デメリットは消費PP増加。数多カスタムと違いメリット側にも注意する必要が有るため手間はかかるが、極力影響を減らせるよう厳選を重ねたい。
    • フォースのスキル「フレイムテックSチャージ」を習得している場合、シフタとチャージ時間の感覚を合わせやすくなるという体感的なメリットも。
  • 数多のデバンドは間隔が短くなり、チャージ時に5回ヒットするようになるカスタム。ノンチャージ時は間隔は短くなるもののヒット回数は2回のままで大きな恩恵は無いが、単に4回ヒットさせるだけを考えるならノンチャージ2連射が一応最速。
    • レシピ1ではデメリットの消費PP増加量が大きく微妙な性能だったが、レシピ2・3では調整され、格段に使いやすくなった。特にレシピ3は若干の範囲拡大効果も追加される。
    • メリットが固定値なのでデメリットの厳選がしやすいのもポイント。可能ならば+1、多くても+3以下にはしたいところ。
    • 自身はもちろんだが、移動中の他者に通常より1回多く当てやすくなるのが大きい。特にテクターのスキル「ロングタイムアシスト」を習得している場合は1回増えるだけでも段違いに維持しやすくなる。
    • ジェットブーツのPA派生で発動する場合はこのカスタムが推奨される(消費PPが実質0のままであり、後退モーションをキャンセルせずとも2回デバンドが当たるようになることを確認)。

各テクニック動作フレーム数 Edit

検証方法はクライアント動作60FPS固定、敵一体にPA使用動画を撮影し60分の1でコマ送りしボタン入力(PP減少を0F)としJA可能最速フレーム数を動作終了
DPS=威力/動作F*60
DPP=威力/消費PP
検証時の環境やJCタイミング、複数体への使用時のヒットストップなどで前後数フレームの差があるかもしれません

技名フレーム
(チャージ+硬直)
威力DPSロッドSC時
DPS
テックSC
Lv5時DPS
注釈消費PPDPP
バータ66(44)114510411547100220(14)57.3
効率の-66(44)11351032153499310(4)114(199)
氷牙の-72(47)137511461763113220(14)68.8
ギ・バータ90(54)136691115189563HIT(99%)23(16)59.4
効率の-86(52)1356948155598413(6)75.8(156)
氷牙の-90(54)156410431738109523(16)68.0
ラ・バータ78(49)117090014279104hit(100%)23(16)50.9
数多の-78(49)14531117177111305hit(125%)23(16)63.2
氷牙の-78(49)14201092173111044hit(100%)23(16)61.7
サ・バータ90(54)128685714299003HIT(102%)20(14)64.3
広域の-90(54)1276851141889320(14)63.8
氷牙の-95(56)1449917155597620(14)72.5
ナ・バータ240[PP50]
840[PP100]
23046030+5/秒36.8
64.4
深刻の-240[PP50]
840[PP100]
22545030+5/秒36
63
氷牙の-240[PP50]
840[PP100]
27555030+5/秒44
77
零式-特殊117210+50/秒
イル・バータ90(54)
270(234)
450(306)
630(378)
515
6438
7983
8755
343
1431
1064
834
572
1651
1565
1390
361
1127
1016
876
表記威力 以下チャージ
7HIT目のみ(1250%)
4HIT目以降(1550%)
7HIT全段(1700%)
25(18)
175(123)

20.6
36.8
45.6
50
集中の-60(42)
240(222)
330(258)
420(294)
505
6313
7828
8585
505
1578
1423
1226
721
1706
1820
1752
471
1178
1218
1145
25(18)
175(123)

20.2
36.1
44.7
49.1
氷牙の-96(56)
276(236)
474(316)
672(395)
675
8438
10463
11475
421
1834
1341
1024
718
2142
1989
1744
450
1458
1285
1093
25(18)
175(123)

27
48.2
59.8
65.6
デバンド90(54)特殊-20(14)-
数多の-90(54)特殊-21(15)-
集中の-60(42)特殊-22(16)-

フレーム欄の括弧内の数値はロッドSC適用時のもの
消費PP欄の括弧内の数値はテックショートチャージlv5適用時のもの。DPPは効率カスタムによる固定値減少による変化がある場合のみ併記
テクニックカスタマイズは理論最大値
ロッド,タリスのテクニック硬直 30f
DPS=(威力)/(チャージ時間+硬直時間)*60


コメント Edit

【過去ログ】
Vol1


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 零ナバってもしかしてPhで唯一ガード出来る? -- 2019-05-05 (日) 22:39:49
    • 零ナバタ自体にガードがあるからPhで唯一ってのは間違ってはないけど当たってもないかな? -- 2019-05-05 (日) 22:57:16
    • フェルカーにもGPついてなかったっけ? -- 2019-05-05 (日) 22:58:33
      • ローゼにもついてる -- 2019-05-05 (日) 23:04:44
      • チャージ武器アクションにもついてるな -- 2019-05-05 (日) 23:49:45
      • テックCパリングリング付けてタリス・ウォンド・ブーツでのテクチャージにもついてるな(意味なし) -- 2019-05-06 (月) 00:36:23
  • Phで氷テクだと何がオススメ? -- 2019-05-08 (水) 14:12:06
    • 数多ラバ以外ないんじゃない。DPSもそうだけど近接レンジで戦うのが基本だしPhは実質チャージ中安全だしで。マーカー蓄積も早いとかってウワサ -- 2019-05-09 (木) 19:46:48
    • 数多ラバは雑魚が鬱陶しい混戦で連打すると気持ちイイ -- 2019-05-10 (金) 18:16:54
    • ギバも地味に使える。Phだとフリーズキープ持てないから氷河ギバでいいかな(むしろ凍らせないほうがキープ持ちには嬉しい)。 -- 2019-05-18 (土) 00:41:24
    • ギバのが多少威力高いかと思ったら、数多ラバのがDPS高いのね… Ph雑魚戦だとラバギバがかなり使い勝手よく感じた 単体はイルバが強いんだとしたら、結構氷テク始まってる? -- 2019-05-20 (月) 12:36:26
    • ラバの凍結はゾンディなどの吸引阻害するからなぁ。ソロならいいけどマルチ行くときは氷テク自体控えた方が良いんじゃないかと。 -- 2019-06-13 (木) 17:18:44
      • しかも凍ったと思ったらすぐ割れて、また行動したと思ったら凍ったり…と敵の動きが不安定になって思わぬ事故を誘発しかねないからな…ナベチみたいに氷属性弱点なら別だけど、そうじゃなければちゃんと弱点属性かギグランツ零式でも撃つべし -- 2019-06-13 (木) 17:44:59
      • 状況を見て使うという点は同意。とはいえ最近吸引の危機が悪い・効かない敵が多いし、以前ほど神経質になる必要もない感じだけどね。 -- 2019-07-07 (日) 10:01:04
  • Phやってる人がみんなしてイルバ撃ちまくったらどうなるのっと -- 2019-05-08 (水) 20:24:20
    • 誰かがカウントを稼ぎ誰かがフィニッシュを取る -- 2019-05-09 (木) 18:58:40
    • 他にイルバータ使ってる人いたらお互い全段チャージに切り替えるんだぞ、いいな!(無慈悲のノンチャフィニッシュ) -- 2019-05-09 (木) 19:27:42
      • Phはたとえソロでもチャージしていい気はする -- 2019-06-20 (木) 02:34:56
      • 集中なら全チャでいいけどPhなら氷河だろうし、SC込みでも流石に1~3はノンチャで運用しないとDPS的に使う価値がなくなる -- 2019-07-18 (木) 17:13:29
    • Foがフィニッシュ取れなくてキレる -- 2019-05-09 (木) 20:30:08
      • 回転率は跳ね上がってるから許してクレメンス -- 2019-05-10 (金) 02:38:09
      • Phみんなでって言ってるのにFoを介入させるんじゃない -- 2019-05-10 (金) 18:37:04
      • すまんやで 小木 -- 2019-05-10 (金) 20:13:53
      • サブPhにすればいいのですよお -- 2019-05-10 (金) 20:23:07
  • Phラバはノンチャ連打のほうが強いとかフレが言ってたんだがマ? -- 2019-05-23 (木) 01:29:34
    • DPS的にもDPP的にもマーカー蓄積的にもウンコとしか言いようがない。キミの情報間違っとるで、とお友達に教えてあげてください。 -- 2019-05-23 (木) 09:55:35
    • そもそもPhの時点でノンチャが選択肢から外れるといっても過言ではないと思うよ 何のためにチャージ短縮威力減で回転あげるスキルがあるんだっつー話だし -- 2019-05-23 (木) 10:18:31
    • だよね 実際自分で試してみたら対多数でやるとPP減らないからこれが強いと勘違いしたのかなって感じ チャージしてもPP回収あるのに、連打できるから俺ツエーになっちゃったんやろか -- 2019-05-23 (木) 10:32:35
      • まさかのイルバの間違い説 -- 2019-06-20 (木) 02:34:14
      • 数多カスタムでHPSを増やすならわからなくない。バレットボウPAにも同様の理由でノンチャ運用するのがある。威力低下を嫌ってSCを切る、高威力テクがカンストするのでギアもマーカーも不要とかならラバノン茶もやるかも -- 2019-09-17 (火) 07:07:39
      • 調べてきたけど、ラ・バータのノンチャージの単発威力は表記の9%、ヒット数は数多しか調べていないけれど、チャージと同じ5ヒット。チャージの36%の威力しか出ない。大してノンチャにしてもモーションは52%程度までしか短縮できないので、瞬間火力は下がるし、当然燃費も良くない。ほぼすべてにおいてチャージの劣化。 -- 2019-09-29 (日) 21:06:34
  • バータは1045(手元では1351-206/カスタム分)かな。…挙動の特殊性に活用を見出せない限りギバラバに及ばないからスタメンにはしづらいなぁ(地味に距離ながいんで相手を釣りだすには使えるが) -- 2019-11-06 (水) 22:58:42
    • 貫通性能とフリーズ率は高いから遠くから集団に当てたりするのには向いてるかな。特に出現と同時に暴れまくる魔物種系 -- 2019-11-06 (水) 23:22:56
  • 1045じゃない1145だ…なにやってるかな、私… -- ? 2019-11-06 (水) 22:59:31
    • 数多ラバと比べたら誤差レベルの差ではあるけども氷河バータがイルバに次ぐDPSになるのか。 -- 2019-11-06 (Wed) 23:37:08
  • いつまでイルバカウント共有させるんだろうか、リングでさっさと個別化したらいいのに。 -- 2019-11-26 (火) 06:17:42
    • 状態異常の流用らしいから難しいんじゃないですかね、修正してくれればやり易くなるだろうけど異常な程のチャージ推しもあるしやる気は無さそうだな -- 2019-11-26 (火) 06:40:42
      • それ以上に個人で回せたらマルチDPS跳ね上がるからイルバがさらに弱化させられるのが目に見えてる -- 2019-11-26 (火) 11:20:35
  • 四捨五入でバータ:1041 1547 1002 効率:1032 1534 993 氷牙3:1146 1763 1132 -- 2019-12-03 (火) 15:41:46
  • 素ナバ1HIT100%だけどフリーズ率は100%より低いっぽい? -- 2020-02-25 (火) 03:17:37
    • わかるか……そんなもんっ……!証明するにはサバとナバで膨大な試行回数が必要 -- 2020-02-25 (火) 05:53:56
    • その100%ってどっから来たんだ。技量補正と勘違いしてね? -- 2020-02-25 (火) 23:29:28
    • フリーズ17 -- 2020-02-26 (水) 10:49:39
      • ナ・バータ1ヒット辺り威力表記100%のダメージ、異常率はフリーズ17の表記100%で1ヒット17% -- 2020-07-12 (日) 21:28:23
  • 他の攻撃テクは軒並み強化されてる中、イルバだけEP3のまま時間止まってるの笑う。こんな仕打ち受けたら普通は産廃もいいとこだが、未だに使われてるっていう…実装時どんなオーパーツだったんだよ -- 2020-04-26 (日) 04:28:19
    • 相性いいエネミーだとか、チェインとかいうオモチャがあったときに限りはするけどこいつのせいでダブルの氷弱点が消えるとかもあったしね。未だに必中系では最高峰のDPSしてるから… とはいえ暴れた時代はクイーンヴィエラでパンパンパンとコンバくらいしか急速回復が無かった 。今はゲノンあれば早回し後の回復も容易になったし、PhやFoPh等のチャージ短縮構成で安定して段階踏めるようにもなったので実際評価は今も昔も高いままなのかもしれない。 -- 2020-04-26 (日) 09:46:16
    • イル・メギドとイル・バータは実装当時に暴れまくったからなぁ…当時のシュンカとイル系2種はあきらか世代が1~2先の性能してたから…お仕置き期間が長過ぎる位には完成度が高かった -- 2020-05-03 (日) 11:20:47
    • 実装時から弱体化されてそのままなんだ…。でも現状全段チャージしたらDPS的に弱いしラストミスったらそれこそ目も当てられないので強いかっていうとそこまででもないみたいなポジションなんだよね -- 2020-07-30 (木) 06:10:36
      • 座標必中ってことを忘れているのか -- 2020-07-30 (木) 18:37:16
      • マーカーが時限制なのを忘れているのか -- 2020-07-30 (木) 19:14:07
      • むしろ座標テクなことだけが数少ない強み -- 2020-07-30 (木) 21:32:03
    • 実際、座標テクとしてよく使われるグランツと比べて、どっちが汎用性高いんだろう? -- 2020-07-30 (木) 20:30:13
      • イルバとグランツで汎用性比べるとかギャグかよ。起爆にもっていかないと貧弱で雑魚に起爆かすめ取られる可能性あんのに -- 2020-07-30 (木) 20:58:13
      • イルバに汎用性はないなあ 狙った相手にしっかり撃ち込んで起爆させてダメージ取る以外に使い道がない -- 2020-07-30 (木) 21:30:16
      • グランツさんは座標テク汎用性のトップよね。安定したダメージに発動したら全弾追従で必中。サバータやラザン・サザンとかだと発動した座標にダメージだから大きく動く敵には置いていかれる…。 -- 2020-08-02 (日) 17:08:31
      • グランツより実はラフォイエが必中座標テクの中では最大DPMなんだけどね。低威力の広域カスタムが流行ってるのと火テクは弱いって固定概念から、あまりそういうイメージもたれてないが…。 -- 2020-08-03 (月) 02:41:07
      • ラフォイエはPh絡みで使うとグランツが上になるからってのも有るんじゃないかな、実際は範囲だったりなんだりで上になる事多いけど、まぁエクゼのケツに火付ける仕事も有るしで火焔選びにくい、イルバ?汎用性ではキツかろう -- 2020-08-03 (月) 04:43:18
      • 枝3、ラフォやイルバですら発動から効果が出るまでの時間差で必中じゃないから、グランツの必中が特殊なんだよねぇ -- 2020-08-03 (月) 07:05:09
      • ん、ラフォは問答無用の必中やで。必中にプラスして範囲、さらにオマケで着火。さらに命中判定が1秒間残って、後から範囲に入ってきた対象にも追加ヒットするという、特性だけ見たらすごいテク。それでいてDPMはグランツ同等、FTSCありならグランツを超える。ただし燃費は悪い。発火の仕事があるのでなかなか火焔カスタムにできず、輝けないけどね。 -- 2020-08-03 (月) 11:33:57
      • バンサー・バンシー「座標系でありながら狙った場所に必ずしも当たるわけじゃないっていう悲しい宿命よ」 -- 2020-08-03 (月) 11:45:18
      • あーまあそれはあるな。逆に勝手にコアに吸われたりもするが。 -- 2020-08-03 (月) 11:51:50
      • 閃機趣ザコみたいな座標攻撃が有効な相手とFoEtで戦うときにはわりとラフォ使うことは多いな。イルバはチャージ遅くてとっさに撃てないしグランツもマスタリーの関係でラフォよりびみょいし ギゾンデが弱点に当てられる状況ならそっち使うんだがな -- 2020-08-03 (月) 11:53:05
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

公序良俗に反するコメント(煽り・誹謗中傷、差別的な表現、わいせつな表現等)は控えてください。
また、基本的に改行は非推奨です。不必要な改行は控えましょう。※コメント欄における改行について




ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS